コラム
HOME  > コラム  > 事業場内産業保健スタッフについて (2) ~産業保健スタッフの果たす役割~

事業場内産業保健スタッフについて (2) ~産業保健スタッフの果たす役割~

前回は事業場内産業保健スタッフ(産業医や衛生責任者など)の構成についてお話しましたが、今回は事業場内産業保健スタッフがメンタルヘルスケアにおいて果たす役割についてお話します。

事業場内産業保健スタッフの役割

メンタルヘルスケアにおける衛生委員会の役割としては、ストレスチェックの実施と分析、セルフケアやラインケアを効果的に実施するための研修や周知などの企画立案、各種ケアにおける個人情報と組織情報の取り扱い、そして事業場外資源(医療機関・カウンセリングサービスなど)とのネットワーク形成およびそれらとの窓口機能などがあげられます。

事業場内産業保健スタッフは衛生委員会を構成するメンバーであり、その中心となるのが前回お話した衛生管理者です。メンタルヘルスケアにおいて衛生管理者は、事業場内における心の健康づくりの提言を行うとともに、その推進を担い、労働者および管理監督者の支援を行う中心であると言えるでしょう。一方で、産業医は衛生委員会のメンバーであるとともにストレスチェックの実施者や面接指導を担うこともあり、より専門的なアドバイスを行う役割を果たすと考えられます。産業医は、たとえストレスチェックの実施者や面接指導担当から外れたとしてもそれらの担当者から意見聴取を行う必要があり、事業場内産業保健スタッフの中での重要性は衛生管理者と匹敵するものと考えられます。

ストレスチェックの実施と分析

ストレスチェックに関しては、事業場内産業保健スタッフは衛生委員会において、次に示す内容について調査・協議する必要があります。

  1. ストレスチェック制度の目的と労働者に対する不利益な取り扱いの防止策、および、それらの周知方法
  2. ストレスチェックの実施体制と実施方法および結果の保存方法
  3. 結果の集団ごとの集計・分析方法
  4. 労働者の受検状況および結果などの情報の取り扱い方法
  5. その他苦情対応方法など

この中でも、受検者となる労働者の個人情報の取り扱いについては特に重要と言えるでしょう。結果の守秘義務だけではなく、集団分析などを含む結果利用についての承諾を得ることや結果の報告先と報告方法についても配慮するべきです。

衛生委員会で検討すべきもう一つの大切な事項に、結果の時間経過による変化の分析があげられます。セルフケア・ラインケアの充実やストレスチェックの結果に基づいた職場環境の改善といった対策を受けてストレスチェックの結果がどのように変化しているかという分析を行うことは、その後の職場環境の改善に非常に役立ちます。

ストレスチェック制度とその内容の詳細については過去のコラムをご覧ください。

セルフケアとラインケアへの関与

事業場内のメンタルヘルスケアは、事業場内産業保健スタッフが中心となり企画・実施するものです。これまでにもセルフケアとラインケアの教育・研修についてお話しましたが、それらもふまえて表1にまとめております。

[表1] 立場ごとに身につけるべき知識
身につけるべき知識 事業場内
産業保健
スタッフ
管理監督者 労働者
1. メンタルヘルスケアに関する事業場方針
2. ストレスおよびメンタルヘルスケアに関する基礎知識
3. 職場でメンタルヘルスケアを行う意義
4. 事業場内の相談先および事業場外資源に関する情報
5. 健康情報を含む労働者の個人情報の保護
6. セルフケアの方法
  • セルフケアの重要性および心の健康問題に対する正しい態度
  • ストレスの気づき方
  • ストレスの予防・軽減およびストレスへの対処の方法
  • 自発的な相談の有用性
7. ラインケアの方法
  • 管理者の役割および心の健康問題に対する正しい態度
  • 職場環境等の評価および改善の方法
  • 労働者からの相談対応 (話の聞き方、情報提供および助言の方法等)
  • 心の健康問題により休業した者の職場復帰への支援方法
8. 事業場内産業保健スタッフ等との連携およびこれに通じた
9. 事業場外資源の紹介および利用勧奨の方法
10. 教育研修の方法

 

事業場内産業保健スタッフは、メンタルヘルスケアにおける周知・研修を労働者や監督管理者に対して行う上で、表に示した内容についての知識を身につけることが求められます。その際、同じ項目であっても各々の研修の対象者によって教育すべき内容が異なる可能性に留意すべきです。たとえば『セルフケアの方法』に含まれる『自発的な相談の有用性』は管理者と労働者全員の両方の研修内容に含まれていますが、管理者に対しては、相談を受ける側となる可能性をふまえて『ラインケアの方法』に含まれる『労働者からの相談対応』とあわせた説明が必要となります。

このように研修対象に応じた内容の工夫が求められることになるため、事業場内産業保健スタッフには『教育研修の方法』についての研修が必要となるわけです。

事業場外資源の紹介および利用勧奨

メンタルヘルスケアの特殊性から、事業場内産業保健スタッフは労働者が希望するかしないかにかかわらず、必要に応じて事業場外資源の紹介や利用勧奨を行う必要があります。このため、予めメンタルヘルスを担う機関である事業場外資源の情報を集めたり、それらの機関との連携体制を構築しておく必要があります。

事業場外資源を活用したケアについては別の機会にお話いたします。

まとめ

最後に事業場内産業保健スタッフのメンタルヘルスケアにおける役割のまとめを図に示しました。

産業保健スタッフはメンタルヘルスケアにおいて、ストレスチェックの実施・分析・管理を行った上で、事業場外資源を活用しながら、セルフケアやラインケアを通して職場環境の整備に努める中心的な役割を担っていることが改めて見えてくるでしょう。

(田浦内科クリニック 院長 杉山 厚 [執筆者紹介])

 

事業場外資源としてご利用いただける「メンタルポート」のご紹介

「メンタルポート ストレス チェック サービス」が、2017 年 1 月より新たにカウンセリング サービスを伴ってリニューアルいたしました。

実施者となる資格を持つ方 (産業医など) がいらっしゃらない事業場には、弊社から実施者をご紹介いたします。

 

また、50 人以下の事業場を対象とする「カウンセリング パッケージ」をご利用いただくと、ストレス チェックの基本機能に加えて、次のようなサービスをご利用いただけます。

  • 実施者紹介サービス
  • 予備面談実施サービス (別途料金がかかります)(追加料金なしでご提供できるようになりました!)
  • メンタル不調者へのカウンセリング

「メンタル不調者へのカウンセリング」では、認知行動療法に通じた専門家が、最大 1 年間にわたりメンタル不調者の社会復帰を支援します。何名でも追加料金なしでご利用いただけます。

 

詳細については、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

「メンタルポートSM」ストレスチェックサービスの
お問い合せ・資料のご請求・各種ご相談ついて、
お気軽にお問い合わせください。